航空自衛隊 浜松広報館

静岡県浜松市西山町無番地
航空自衛隊浜松基地
午前9時〜午後4時 入館料・駐車料無料
休館日:毎週月曜日また祝祭日の翌日等
電話:053-472-1111の内線3381〜3

タイムリーというか何というか、
国際情勢が緊迫し、自衛隊の派遣を政府が検討する中、
行ってまいりました
航空自衛隊「浜松広報館」です。

3年程前(現在2001年)にできたという、
体験とコミュニケーションをテーマにした航自の広報館。
現役の戦闘機や装備品の展示をはじめ、
シュミレーターや映像シアターもあります。

左の建物の中に「全天周シアター」があり、
航空機の着座位置からとらえた映像が眼前に広がります。
平和なこの国を守る自衛隊航空機による映像ですので、
戦闘シーンなどが無いのが良心的かも。
ゲーム世代の若者達はこの映像をどう捉えるのか?
なーんて考えちゃったりして。
大空への憧れがテーマになってます。

こちらは館内2階、
航自が保有する全ての航空機が精密な
1/32スケールモデル
見ることができます。
最近話題になっていなかった米国との共同開発機F−2支援戦闘機は、
すでに岐阜の基地に配備されているそうです。

やっぱり乗り物関係は男の子には魅力なのかも?
電車、車、船、飛行機など、なんでそんなに名前がわかるの?
って子いますもんね。
この日は幼稚園児たちが家族と遠足とかで、
館内を散策していました。

そういえば10年位前の米映画の「トップガン」を見た後、
戦闘機に憧れた人も結構いたのでは?(↑懐かしいでしょ!)

なんという型の飛行機か忘れましたが、
コックピットも覗くことができます。
また、コックピットに座っての
シュミレーション機があり、
操縦桿を握っての仮想空の旅が体験できます。

また、館内には防衛に関する書籍等を集めたライブラリーがあります。
そこから望む大きな窓の外には浜松基地の
滑走路があり、
航空機の離着陸を見学しながら時間を過ごすことができます。

平時の木曜日でしたが、年配の男性が一人でゆっくり過ごす人も、
幾人か見かけました。
今では、
浜松の観光ツアーに必ずと言っていいほど
組み込まれるポイントになっているそうです。

こちらは展示格納庫
歴代に渡って使用された航空機を中心に実物が展示されています。
映像で見るよりもずっと大きい飛行機なんだなぁと思いました。

館内には説明をしてくださる広報官の方もおります。
また、レンタルの
ユニフォームを着て記念撮影もできます。

飛行機好き(ジャンボジェット機は無いですが)にはたまらない、
一日過ごせるような施設です。

なんといっても無料
すぐ近くには
「浜名湖」
そして浜名湖と言えば
「うなぎ」
浜松といえば
「うなぎパイ」
飛行機見学、美味いもの食べて、土産もばっちり。
興味あるお父さん案外たくさんいるのでは?
館内に掲示されている掲示板(説明書き)をじっくり読んでると、
3時間は覚悟です。1時間では後ろ髪を引かれます。

JR浜松駅からは北口バスターミナル14番線
「泉・高丘行 泉4丁目下車」で徒歩10分。
マイカーなら東名高速浜松西インターから10分です。

戻る